TOP > JCRA スーパーオークショとは?

JCRA スーパーオークショとは?

日本建設機械レンタル協会では、協会員の健全で適正な中古建設機械器具流通を活性化することにより、建設機械器具の適正な流通が図れると考えています。また、協会員以外の優良事業者による流通活性化により、建設産業の健全な発展を促せると考えています。

そこで当協会は平成25年度より、下記の中古流通事業をJCRAスーパーオークションと銘打って、インターネットによる競りあっせんにて開催しております。
尚、当事業は円滑な流通を促進するため、運営業務に関して、株式会社ALMと事業提携を致しました。 オークションは2部構成となっており、当協会員が売買に参加可能な商談市場と、世界中のバイヤーが参加可能なオープンオークションを、定期的に開催する予定です。

JCRAスーパーオークションの特徴

1.整備履歴の充実した高品質な出品商材
出品者は当協会所属の建機レンタル事業者並びに優良事業者です。したがって、整備履歴のしっかりとした状態の良い稼働機が多数出品予定です。安心して落札できる、信頼性の高い商品が集まるオークションを目指します。

2.オークション事務局によるフォロー体制が充実
JCRAスーパーオークションの開催にあたり、ヤードを関東、関西にご用意し、事前の下見も可能です。また、決済や落札後の廻送手配なども、取引経験豊富なオークション事務局がフォローします。

3.公平・公正なオークション
インターネットオークションのため、札上げ式の現車オークションに比べて、入札者が特定されることがありません。また、関東、関西のヤードから出品される商品は、オークション事務局による検品を経て出品されます。